弓道は年齢に関係なく昇段審査に挑むことができます。大変素晴らしいことです。まさに向上心を持ち続けながら修練に励まれる弓道家の原動力であろうと思います。当ホームページは参考書と位置づけて戴きますれば本当に有難いと存じます。

さらに和弓の取り扱い知識を深めていただき、作品の持てる性能を充分に活かしてお使い戴くことを願っております。
近年、和弓にとっては最適の相性とは到底申せない合成弦の使用が一般的となり、弓にとっては大変厳しい影響に耐えながらも確実に「笄」の発生数は減ってきております。大変ありがたく嬉しいことで、四寸伸、女性の二寸伸使用など、矢束に応じた弓選び、弓力に応じた重量の矢のご使用など皆様の勉強の成果を実感いたしております。
麻弦と合成弦では「笄」のプロセスは大きく違います。
麻弦の場合、先手の強い握り締め、上押しの捻りこみ、などの射技上の悪癖、また矢束に対して弓が短いなど、「会」での外竹に掛かる過度の負担による発生が通常なのにたいして合成弦使用の場合は射技、使用の欠点がなくても笄の可能性はどなたにもあると考えられます。
笄の発見が「大三」や「会の直前」、そして行射の合間であるのが多いことから、離れの衝撃で「笄」が発生することが推測できます。
問題なのは「笄」が起きた瞬間を殆どの場合実感できないことです。
万一、気づかないまま、つぎの射に臨めば修理不可能な破損にも繋がりかねません。しかるに、合成弦使用においては頻繁な点検が是非必要であります。安価で切れない大きな利点と引き換えに、弓を壊すかもしれないリスクもありますことを、自覚された上でご使用戴かねばなりません。
合成弦を活かすには「弓力に対して重めの矢」、「矢束に対して長めの弓」のご使用は必須です。また細すぎる弦は離れでの振幅が大きいと思われるため、弓の負担を大きくし不適切と考えております。
平成16年秋の当ホームページ開設より6年、昨今さらに多くの方々のアクセスを戴いております。弓士の皆様の向上心の現われと、敬服とともに深心より感謝いたしております。
このページが皆様のお役に立てておりますこと、大きな励みであり喜びと致すところで御座います。皆様の更なるご研鑽を期待いたしお願いも申し上げます。
平成17年よりISSUIサイトより当方作品の注文販売を戴いておりますが、併せて、「選奨」完成弓展示場として新しいページが加わりました。従来のページは、ご注文戴いてからの製作の場合もありましたが、新ページでは早急な対応をさせて頂きます。直ぐに使用できる(夏季は緊急時以外は新弓を下ろすことは極力避けるべきです)下記の作品70張をご用意いたしました。さらに弓力の幅も広げ充実させていきたいと存じます。
四宝竹吟翠カヤ芯も準備に入っておりますのでやがて掲載の運びとなります。

なお、従来のISSUIサイトと新ISSUIサイト、基本的に価格は同じですから、早急に入用なときは新ISSUI、さほど急がない場合には従来からのISSUIをご利用いただきますれば幸甚でございます。


当ページに展示の作品は、塗装が済んでより後の、太弦での張立て(中仕上げ踏み込み)、銘入れ、小弦に替えての仕上げの踏みこみ、弓力測定、籐装束仕上げ、発送直前の型の微調整、弦の調整と、永野一萃 いがい誰ひとり触れたことさえ無い正真正銘の無垢の新弓であります。
ご注文の際に最も肝心なのは弓力です。表示の弓力は使い込んで、安定してからの(使った弱りを一キロ位と考え)、常温(気温20度前後)の条件下を想定しております。
計測値は並寸85センチ、二寸伸90センチ、四寸伸95センチです。
お渡しする季節にもよりますが、表示の弓力より、はじめ一キロ前後強いことになります。例えば、並寸15キロのご発注ならば、お渡しするときには85センチ計測で16キロ前後になります。ご希望弓力は必ずこのことを踏まえてご発注をお願い申し上げます。

竹弓は温度に敏感ですから、夏、冬 、同じ弓では射技に少なくない影響があります。季節に応じた弓力の弓のご用意が必要なことご理解をお願い申し上げます。